そもそもチップって何?

日ごろチップを支払う習慣がない私たち日本人にとっては、海外旅行の際にチップの払うタイミングなどで困惑することが多いのではないでしょうか。 そもそもチップは、アメリカなどではお客側が払う労働報酬として当たり前の認識となっており、サービス業の企業が従業員に支払う賃金は、チップが貰えることが前提となっているので比較的低めとなっています。もちろんチップの支払う金額は、サービスを受けたお客側の満足度によって自由に決めてかまいません。基本的にチップを支払う習慣がないのはアジア諸国やオセアニア程度でそれ以外の各国ではチップを支払う習慣があるようです。海外旅行に行く前にガイドブックなどで確認するようにしましょう。

チップの相場はいくら?

チップの相場に関してですが、宿泊するホテルのボーイ等に対してはドル通貨の場合、1ドル程度が目安となります。旅行会社が運営するツアーなどの場合は、ホテルやレストランなどで大抵チップ代はあらかじめ含めたパックが多いのでチップが必要ない場合が多いようですが、事前に旅行会社に確認するのがおすすめです。チップを渡す場合は、もたついてしまわないようにあらかじめポケットやバックの取り出しやすい位置に1ドル札を折りたたんで入れておくのが良いでしょう。なお毎回、財布から取り出してチップを払おうとすると、時間がかかりますし、治安が悪い場所によってはすりや置き引きなどの被害にあう可能性もありますので注意が必要です。